ウォーターサーバー引越し時の裏技

引越し時の準備、手続きは色々と大変ですが、ウォーターサーバーも無料レンタルですし、きちんと手続きを踏まないといけません。ウォーターサーバーを引越しするときの通常の方法とこんな面倒なことするなら・・・という裏技を紹介します。

引越し前はウォーターサーバーの水を飲みきる

引越し前に新しいボトルをウォーターサーバーにさしてしまい一週間後、または明後日引越しだなんてことのないようにしましょう。ボトルを一度開封した場合は抜いてまたさしてのむというのはあまり良い事ではありません。水自体が空気に触れて傷んでしまうのでもったいないですが捨てるしかなくなってしまいます。

ウォーターサーバー内に残されたお水水抜きを行う必要があります。各ウォーターサーバーによって水抜きの仕方は変わってきますが、気をつけてほしいのが熱湯を一旦冷ましてからのほうが安全ですから、コンセントを抜いてから数時間~半日くらいはそのままにして下さい。その後、機種にもよるのですが排水キャップがサーバーの裏側にある場合が多いので、そこから排水を行います。熱湯を冷ましておかないと火傷してしまう恐れがありますから必ず冷ましてからにして下さい。

タンクに溜まったお水を出しておくのはお水自体電源が切れた状態なので1日放置してしまうと飲み水としてはふさわしくない状態になってしまうのと引越し運送時の故障を防ぐためです。ウォーターサーバーの引越しに関してはセルフで手配する引っ越し業者にやってもらうのが普通のようです。故障しない様にがんばってはこぶしかないんですよね・・・。

実際これ、結構面倒ですし、ウォーターサーバーを横に寝かせたりしたら故障の原因にもなります。

ウォーターサーバー引越し乗り換えキャンペーンを活用する

正直面倒くさいですよね。必殺技としてひとつ方法があるのですが、ウォーターサーバーをこの機会に乗り換えてしまう。というのも一つの手です。

ウォーターサーバーって今一番HOTな時期に差し掛かってきています。使う側の私達にとってはの話。ウォーターサーバー業者が増えてきたので顧客の奪い合いが起きているんですよね。一度契約したらそんなにウォーターサーバーって解約しないじゃないですか?ある程度の会社のサービスであれば不満に思う事ってそんなにないですから。だから引越しのタイミングは業者にとっては顧客を奪うチャンスでもあるわけ。零細企業の場合はこういったキャンペーンを予算的に取り組めないので大手のウォーターサーバー人気とされる企業がこの手のキャンペーンを頻繁にやっています。

具体的にいうと、引越しの時にキャンペーンを行っているんですよ。1万円もらえたり、解約手数料が発生する場合は全額負担とかそういうのもあるので活用してしまってもよいかもです。

流れとしては、引越しが決まったら今のウォーターサーバーを解約する。できれば3週間くらい前には解約しましょう。その後新規でウォーターサーバーを申し込む。もちろんキャンペーンがあるところで。

そうすることでざっくりとしたメリットはウォーターサーバーの返却は元々契約していた業者が取りに来てくれる。無料で。そして、引越し先には新しいウォーターサーバーがタダで運ばれてくるし、キャンペーン特典がついてくるというわけ。さらに通常引っ越し業者にウォーターサーバーを運んでもらうとなると数千円はかかってきますので運送費用もゼロ円で済むという。これかなり裏技ですよ。むしろ、今のウォーターサーバーじゃなきゃ絶対に嫌なのっていう理由が無ければ解約して新規申込しない手はありません。

客離れを恐れてか、今使っているお客様にも引越しの御祝いで無料でお水のボトルを3本プレゼントとかそういう企画をやっている会社もあるので、メリットを見比べて決められるのがよいでしょう。

一括引越し見積もりサイトなどに登録するとウォーターサーバーの営業が来る?

引越し自体の費用を抑えたいという理由で一括見積もりサイトを利用する方もいるでしょう。有名どころだと引越し侍やズバット引越し見積もりとかがありますが、ああいった業者を活用した後にウォーターサーバーの営業がメールで届く場合もあります。

もちろん、不要な方にとっては不要ですが一括見積もりだからこその特典と捉えることもできるでしょう。先ほどのウォーターサーバー会社が用意している特典と同様にこういった業者の特典も結構捨てがたいっていうのはありますよ。

あとは、インターネット回線とかもクオカードや今流行っているか分からないですがキャッシュバックなどこういったものも特典付きで紹介してもらえるケースがあります。

意外と電気屋さんよりも良い特典の時もあるので、引越し自体の価格も安くするために登録してみてはいかがでしょうか。